産後(5〜9月)の記録

  • 前回の記録から5ヶ月空いてしまった。産後のばたばたでしゃーなし
  • 5月後半に無事第1子が産まれた。元気な男の子でもうほんとーにかわいい。かわいいかわいいかわいい。

    これまで

  • 5月
    • 産前2週間前に咳喘息になりつらかった
    • 産後2週間は会陰切開の跡が痛かったり乳首痛かったりでつらかった 母乳あげる乳首の痛さが陣痛に匹敵するの知らなかったし夜中も1〜2時間おきに授乳なんて母乳育児のハードル高すぎ(完ミに移行)
    • かろうじてプログラミングスクールの授業動画をみたり、udemyのReact動画をみたり
  • 6〜7月
    • 友人のプログラミングスクールの卒業制作として、todoアプリの機能拡張をした。具体的には
      • 友達登録
      • 特定の友達へのメモの共有
      • Cloud Storageに画像アップロード
      • Redux(ちょっとだけ)導入
    • もっと色々やりたかったけど、体力と時間の限界を感じた…
  • 8月
    • 友人の会社の新規サービス開発案件を手伝わせてもらえることになった
    • LIFFアプリ(LINE内ブラウザで開くWebアプリ)を使ったtoCサービス
    • 技術的にはReact + Redux + Typescript + Firebase + Cloud Functions
    • 機能要件をリストアップし、ワイヤフレームをFigmaで作成した
    • 友人とペアプロしながら開発着手した
      • 環境構築
      • 認証機能
      • LINEログインのトークンをFirebase Authに渡してカスタムトークンログイン
    • 個人で開発しているときと学びのスピードが段違いだった。ディレクトリ構成だったりFirestoreからReduxへのデータの持ち方だったりのプラクティスが知れてとても勉強になる。友人には感謝しかないです
  • 9月
    • 引き続き開発継続、大体非同期処理かFirestore Rulesでエラーにはまることが多かった
      • Stripe決済
        • Provider側:本人確認(Account Link生成)、銀行口座登録
        • Consumer側:クレジットカード登録
      • Firestore Rules
        • 読み込み・書き込みの制限

          これから

  • 生後4ヶ月で生活リズムも出来てきた。産後1〜2ヶ月は自分の時間がとれないことがつらかったけど、今はもう諦めて日中は息子と遊んだり一緒に寝たりすることに集中している。寝かしつけたあと21時からほぼ毎日プログラミングしていて、大体24時には終わりにしているけど、エラーにはまると朝3時までやったりしている その後6時に起こされるのツライ
  • コードは書いているけどその背景の理解が薄くて、一度エラーを修正しても同じエラーにハマる事が多いのをなんとかしたい
  • シンプルなWebアプリは作成できるようになっていると思うけど、周辺知識にわからないことも多くて少し焦っている
  • 来年からはフルタイムで就職しようと思っていたけど、いざ子供ができると子供と過ごす時間が大切すぎて悩んでいる
  • そうこうしているうちに来年の保育園申請の時期が来てしまいました